株式会社ワコー|熊本市|測量|建設コンサルタント|

2019|新卒採用情報株式会社ワコー


測量部所属

32歳 入社3年目
九州測量専門学校卒業
前職 障害者支援施設 勤務
退職後 九州測量専門学校を経てワコーへ入社
測量チームの一員として、現場を測っている

測量の道へ進むきっかけ
⇒九州測量専門学校に行った先輩の話を聞き入学し、就職活動でワコーへ
 設計部

33歳 入社5年目
九州大学工学部卒業
前職 アパレル会社 勤務
退職後 Uターンしワコーへ入社
設計部では、主に構造物の設計を担当している

設計の道へ進むきっかけ
⇒大学で造船を専攻しその後服作りに係わり、Uターン後も「ものづくり」をしたいとワコーへ
解決策を見つけたときにやりがいを感じる

ー「現在携わっている仕事は何ですか?また、仕事の面白さってどんなところですか?」

「今は新入社員研修の路線測量のサポートをしました。最近の現場で言うと阿蘇の現場で平面測量をしていました。再来週は橋梁点検支援の予定です。面白さという部分だと、昨年度担当した橋梁点検業務は大変でしたが1橋1橋終わる毎に達成感を味わえて面白かったし、勉強になることも多かったです。自分の足りない部分にも気付くことができました。」

「現在は道路部門が多いです。それに伴う擁壁や法面の構造物の設計をしています。複雑な地形や条件があってすんなりいかない時に、『あーこうだな』『こうすればこうだろ』と解決策を見つけられた時は面白さというか、やりがいを感じます。」

ー「仕事をする上でのマイルールのようなものはありますか?」

「大切にしているのは情報伝達です。周りとかみ合わなかったら業務を進めるうえで支障が出てくるので、相手に言うだけではなくきちんと伝わっているかどうかの確認をしています。」

「業務の始まりから終わりまでを一つのストーリーと考えて仕事をしていくことを心がけています。業務目的があってその目的のために現地調査をし、それを踏まえ設計を行って、その設計にも理由があるという一連の流れを意識しています。」

ー「経験したなかで大変だったことはありますか?」

「測量部の業務で始めから終わりまで関わることがなかった中で、昨年度の橋梁点検業務は始めから終わりまで関わり、全83橋分の損傷度を調べ図面を起こしました。橋梁に携わることも初めてで、『橋梁とは何ぞや?』と言う状態でのスタートだったので、上司にみっちり手解きして頂きました。初めてのことに挑戦することは大変でしたが、楽しみでもありました。」

「自分は2年前の熊本地震ですね。前震の翌日早朝から、割りふられた益城の現場に行き調査し、その後測量、災害の設計まで、期間が短い中迅速に対応しなくてはならず大変でした。もう一点、道路への落石対策の業務があったんですが、山の上の落石の発生源を突き止めなければ対策もできなかったので、当然ですが山を登りました。落石が起こるような山ですので、山を登ると言ってもとても険しく危険が伴い大変でした。体力的には正直あまり自信がなかったのですが、地震の調査の時もなんですけど、仕事や業務に対する使命感や責任感と言いますか。自分がやらなければいけないんだ、この業務を担当するからには、『自分がやるんだ』という強い思いを持ちました。」

ー「どの段階でその感情が芽生えたんですか?業務の担当に決まったとき?」

「山に登ろうと決めたとき。」

一同「爆笑」

「この山に登らないといけない、これはちょっと覚悟してやらなければならない、と。」

ー「業務に臨むにあたっての責任感と使命感!うーん、なるほど!」







 <前のページへ  1   2   3  次のページへ>